本文へジャンプ

済世会スタイル

トップの中の済世会スタイルの中の感染予防対策

感染予防対策

インフェクション・コントロール ~すべては患者様のために~

感染予防の必要性

インフェクション・コントロールとは『感染予防』という意味です

医療法人社団済世会の感染予防システムについて

「衛生的で安心・安全な診療」を提供するために「CLEAN and SAFE」をお約束いたします

当院のこだわりの対策

対策1.手指の衛生
写真:手指の衛生

徹底した手洗い!
手指の衛生は、すべての医療行為の基本であり、感染予防として大きな役割があります。手指衛生については、流水と石けんでの手洗いや、擦式アルコール製剤を使用して行います。当院では、速乾性擦式アルコール製剤 ヒビスコールを使用しています。

対策2.ディスポーザブル(使い捨て)
写真:ディスポーザブル(使い捨て)

グローブは患者様ごとに交換!
診療に使用するグローブは、患者様ごとに新しいものに換えています。

可能な限り使い捨て!
エプロン、うがい用コップ、滅菌パック、麻酔カートリッジ、麻酔用注射針、メス替え刃、縫合用針、歯ブラシ、歯間ブラシなど、お使いする器具類は可能な限りディスポーザブル(使い捨て)にしています。
歯のクリーニングで使用する歯面清掃ブラシ、歯面研磨用ラバーカップもディスポーザブルにし、万全の体制を整えています。

対策3.徹底した滅菌システム
写真:徹底した滅菌システム

滅菌システムのマニュアル化!
使用後の器材は、患者様の血液やだ液で汚染されているため、適切な処理が必要になります。当院では、適切な再処理方法をマニュアル化しております。日々の医療器材のメンテナンス(洗浄・消毒・滅菌・保管)を行うことは院内感染予防のために重要です。

当院の滅菌/消毒/洗浄機器はこちら
当院の感染予防フローはこちら

対策4.院内環境の衛生管理
写真:院内環境の衛生管理

診療室の空気まで清潔!
歯科治療において、歯や義歯の切削に伴う目に見えない感染性の粉塵が診療室中に飛散しています。それらを吸い込むと院内感染だけではなく、健康にも害があると言われています。当院では全ての治療ユニットに口腔外バキューム(フリーアーム)をつけて、目に見えない感染性の粉塵を強力に吸引し、粉塵の診療室内への飛散を最小限におさえています。

対策5.完全個室のクリーン手術室を完備
写真:完全個室のクリーン手術室を完備

“清浄度クラス10,000”の清潔で安全な手術室!
手術室にはクリーンエリアプラスを設置しております。
クリーンエリアプラスとは、“清浄度クラス10,000”の清潔で安全な手術室を、スイッチ一つで瞬間的に作り出す天井設置型の装置です。メインフィルタの高性能スーパーバイオフィルタで濾過された清潔な空気が治療部位を確保します。
インプラントや口腔外科処置、歯周外科手術を行う際に適しています。
クリーンエリアプラスは安心・安全な治療空間を提供いたします。

対策6.土足フロア

診療室は土足フロア!
他の方が使用したスリッパが感染源にならないようにするため、当院では土足フロアにしています。

対策7.医療廃棄処分

地球環境にやさしいごみ処理!
医療廃棄物(血のついた綿やガーゼ、使用した注射針・注射液、型取りで使用した石膏など)は、必ず専門の処理業者に処理を委託し、医療廃棄処分を行っています。(相田化学工業、日本メディカルテクノロジーの2社に委託)
環境にもやさしい安全なクリニックを目指しています。

診療終了後、使い捨ての医療器具・材料は廃棄処分いたします。

感染予防フロー

Step1.予備洗浄・薬液消毒

写真

患者さんのお口に使用した器具には唾液や血液が付着しています。
これらの汚れが乾燥して器材に固着してしまうと、除去が困難になります。
使用後、すぐに予備洗浄して汚れを落とします。
その後、タンパク質をきれいに溶かす目的で薬液消毒を行っています。

<使用薬液:タイフレッシュエース>

Step2.超音波洗浄

写真

超音波洗浄は、目に見えない汚れや菌を確実に落とす事ができます。
一般細菌に対し、効果をもたらす消毒剤を使用し、超音波を用いて、細部まで精密洗浄を行います。

<使用薬液:ハイジーンウォッシュ>

Step3.消毒 自動洗浄 乾燥

写真

ドイツのミーレ社製のジェットウォッシャーで医療器具を洗浄しております。これには、Vario TDというシステムが搭載されており、血液や唾液といったタンパク質が凝固しない55℃の温水で効果的に洗浄を行ないます。その後、弱アルカリ性の専用洗浄剤で洗浄、すすぎを行い汚染を効果的に落とします。洗浄の最終行程では93℃で除菌を行っています。

ジェットウォッシャーを使用することで、従来の手洗い洗浄に比べ、高レベルの洗浄が可能となるだけでなく、医療従事者のけがによる感染から守ることができます。

Step4.滅菌パック

写真

滅菌パックとは、歯科用ミラー・ピンセットなど、診療に使用する器具を滅菌するための袋です。器具を、このパックに入れて滅菌すれば、治療時にパックを開封するまでの間、滅菌された状態を保つことができます。

Step5.滅菌

写真

滅菌には、ヨーロッパ基準であらゆる細菌を確実・安全に滅菌できると認められている 「クラスB」のオートクレーブを使用しています。
(オートクレーブのクラスには、上からB/S/Nにクラス分けされています。日本で多く使用されているオートクレーブは、「クラスN」です。)

Step6.保管

写真

ほこりの多い所や、湿気のある所は保管には適しません。場所や状態に気を使い保管しています。

Step7.配送

写真

上記の工程で処理された器具類は、専用便で済世会グループクリニックに配送されます。

Step8.済世会グループ歯科クリニックに届きます

写真

医療法人社団済世会では院内感染防止について細心の注意をはらっております。

ページの先頭へ