本文へジャンプ

診療案内

トップの中の診療案内の中の歯科口腔外科

診療案内

済世会での歯科治療は・・・わたしたち、“プロ”におまかせください。

歯科口腔外科

 口腔外科とは口の中に発生する様々な疾患だけでなく、顎、顔面ならびにその周囲の隣接する組織に起こる疾患に対応する診療科です。


 口腔外科で取り扱う疾患は親知らずの他に、粘膜などに発生する良性および悪性腫瘍、歯の破折や軟組織の裂傷、顎の骨折などの外傷、蜂巣炎などの炎症、唇顎口蓋裂などの先天性疾患、白板症などの口腔粘膜疾患、顎の中や軟組織にできる嚢胞、顎関節疾患、インプラント治療など多岐にわたります。



親知らずはなぜ抜くの?



親知らずは一番奥に生える永久歯(前から数えて8番目の歯)です。
食べものが停滞しやすく、親知らず自身や手前の歯を虫歯にしたり、

周囲の組織に歯肉炎歯周炎を引き起こしたりします。
また噛み合わせの問題点として、歯並びを悪くしたり、顎の関節に影響を与える恐れがあります。

場合によっては早めに抜歯した方が良いことがあります。

抜歯が難しいとされる横に生えた親知らずは、大学病院を紹介されるケースが多いと思いますが、当院では口腔外科医が在籍しておりますので、御気軽にご相談下さい。



顎関節症について



一般に、口が開きにくいなどの顎運動障害、顎を動かす筋の痛み、顎や口を開け閉めするときの関節雑音が単独もしくは複数合併して発現する病気です。(これを顎関節症の主要3症状と呼びます)。
他にも、耳の痛み、めまい、眼精疲労といった眼や耳の症状、頭痛や首、肩こり等のさまざまな症状を呈するとも言われています。

治療方法は保存的治療(手術などの外科的療法でない治療)で、スプリント(マウスピース)療法、理学療法、薬物(消炎鎮痛剤など)療法などが主体です。






ページの先頭へ