本文へジャンプ

診療案内

トップの中の診療案内の中の小児歯科

診療案内

済世会での歯科治療は・・・わたしたち、“プロ”におまかせください。

小児歯科


積極的に受診していただきたい 済世会の小児歯科! 



保護者様、お子様が安心して治療を受けられる済世会独自の小児歯科プログラムがあります。
保護者様には、治療前に必ず説明し、納得していただいてから治療に入ります。無理に治療を行ったりすることはありませんのでご安心ください。
歯並びのご相談は、矯正歯科と協力体制でサポート致します。

キッズクラブ

対象年齢は、0~12才。入会金、年会費はすべて無料。また特典多数です。

ぜひ入会してください。             


▶詳しくはこちら


小児歯科プログラム(治療の流れ)

Step1 検診(むし歯と歯並びのチェック)

生えはじめたばかりの乳歯や子供の永久歯は、まだ発展途上の歯。エナメル質が未成熟で、虫歯がすぐに深部まで達してしまいます。

そのため早期発見・早期治療が有効といえます。

また歯並びも成長にあわせて確認することが重要です。











Step2 むし歯治療&歯並び治療

歯の成長に合わせて治療方法を変えていきます。また矯正治療は専門の先生に診療してもらいますので安心です。


Step3 シーラント

虫歯から一番守りたい奥歯は複雑で細かい溝があるため磨き残しや虫歯になることが多いのが事実です。そこで、その溝を専用の樹脂で埋めて虫歯を予防するのがシーラントです。
シーラント処置は、子供の歯みがきでは、十分に磨けない奥歯のむし歯予防に効果的です。
特に生えたての永久歯はむし歯になりやすいので、シーラントをおすすめします。


Step4 フッ素塗布

歯全体にフッ素を塗ります。フッ素は歯のエナメル質に浸透してむし歯になりにくいようにするもので、歯の質を強くする働きがあります。
フッ素塗布は萌出途中の歯や、生えてすぐの歯に特に有効です。

新しい歯が生えてきたら、歯科医師や歯科衛生士にご相談ください。
使用したフッ素の種類によって異なりますが、3ヶ月に1回程度の塗布をおすすめします。
統計的にフッ素によるむし歯の抑制は30%前後という報告があります。
※お薬を塗ってから30分以内は、うがい、飲食はしないでください。


Step5 定期検診

定期検診は3ヶ月ごとに行っています。成長にともないお口の状態は劇的に変化します。定期的に検診することをお勧めいたします。       










ページの先頭へ