本文へジャンプ

診療案内

トップの中の診療案内の中の歯周病治療

診療案内

済世会での歯科治療は・・・わたしたち、“プロ”におまかせください。

歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯に付着した歯垢(プラーク)の中の歯周病菌によって歯を支えている組織に引き起こされる感染症です。歯肉に出血、腫れなどをともなった炎症が起こり、その後、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまう病気です。
歯周病は、自覚症状のないまま進行し、自覚症状がでる頃にはかなり進行しているという怖い病気です。そうなる前に、しっかりとした歯周病治療が必要です。 








日本人の成人の80%が歯周病と言われています。

こんな症状があれば要注意です!

歯肉から出血する。
口臭が気になる。
歯肉がやせて、歯が伸びた
口の中がネバネバしている。
歯がグラグラするようになってきた。 



歯周病治療ってどんなことをするの?

診査・診断

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影等を行い、現在の歯周組織の状態を調べます。


ブラッシングアドバイス

歯周病治療の基本となるのがプラークコントロールです。
基本的には「正しい歯磨き」ということになります。
歯間ブラシ、デンタルフロスなども使用し、歯垢を確実に除去する必要があります。
プラークコントロールは、歯周病初期治療の基本であり、重要なファクターになります。
歯科医師、歯科衛生士によるブラッシングアドバイスを行います。


スケーリング

スケーリングとはスケーラーと呼ばれている器具を使って歯肉縁上および歯肉縁下の歯面から「プラーク(歯垢)」や歯磨きでは取り除く事ができない「歯石」を除去する治療法です。


ルートプレーニング

ルートプレーニングとはスケーリング後に、歯石や歯垢が付着しないよう歯根面を滑沢な面に仕上げる治療法のことをいいます。

※スケーリング&ルートプレーニングすることで歯肉の炎症を抑え、歯周ポケットの深さが浅くなります。


歯周外科手術

プラークコントロールやスケーリング&ルートプレーニングを行っても症状が改善しない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる小手術を行います。


これにより歯周組織の改善をはかり、プラークコントロールしやすい口腔内環境を作ります。

具体的には、歯肉を切開し、直視下にて病巣部分を除去します。




メンテナンス

歯周病は再発する病気ですので、治療終了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
患者さん自身によるセルフケアだけでなく、定期的な歯科医師や歯科衛生士によるプロフェッショナルケアを受け、口腔管理することが重要です。








歯周治療プログラム(当院での歯周治療の流れ)

Step1 歯周検査

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影等を行い、
現在の歯周組織の状態を調べます。


Step2 スケーリング

上下の歯に付着した歯石や歯垢を機械を使って除去します。


Step3 ブラッシングアドバイス

患者様のお口の状態、生活習慣に合わせた効率良い 歯磨きのアドバイスをします。


Step4 歯周検査2回目+歯ブラシ選択

上下の大まかな歯石が除去された状態で歯肉の健康度を再検査し 検査の結果を元に患者様に最適な歯ブラシを選択します。


Step5 スケーリング&ルートプレーニング(歯ぐきの中の治療)

歯肉の中の歯の根の周りに沈着した歯石を手作業で除去します。

1本1本の歯を大切にする為にとても重要な治療です。


※基本的にお口の中を6分割に分けて進めていきます。


Step6 歯周検査3回目(再評価)

歯肉の治療終了後2週間の歯肉回復期間を待ち、再評価します。


①問題がない場合はメンテナンスに移行します。


②中程度の歯周疾患が残れば、再アプローチします。


③重度の歯周疾患が残れば、歯周外科手術を提案致します。

Step7 メンテナンス

治療終了後はメンテナンスを行っていきます。
具体的には、定期検診・各種検査・クリーニングを行います。
これは治療を終えたお口の状態を長期的に安定させるためには必要不可欠なものです。




毎日の正しいセルフケアと歯科医院でのプロフェッショナルケアで健康を維持していきましょう。


ページの先頭へ