本文へジャンプ

診療案内

トップの中の診療案内の中のむし歯治療

診療案内


済世会での歯科治療は・・・わたしたち、“プロ”におまかせください。

むし歯治療

    こんな症状はありませんか?

 

     歯がしみる
     つめもの・被せ物がとれた
     咬み合わせると痛む
     治療したところが調子悪い・・・

 

 

  

むし歯とは?どうやって治すの?

虫歯(むし歯)とはミュータンス菌など、むし歯菌が歯を溶かす病気です。
虫歯は自然治癒で元の歯の状態に戻ることはありません。
そのため、つめたり、かぶせたりして治療します。

近年、歯科医療の進歩により体への負担を最小限にした治療法も

多く出ています。
ごく初期症状の虫歯なら、簡単な処置で完治する場合がほとんどです。
早期発見・早期治療が大切です。まずは定期検診を受けることをお勧めします。

 

当院の特徴

<痛くない麻酔>


①麻酔の注射の前に表面麻酔を塗布します。

注射時のいたみの緩和になります。

 

温かい麻酔液を使用します。

麻酔液と体内との「温度差」も痛みの原因となります。

そこで麻酔液を体温と同じくらいまで温め、体内との温度差をなくすことで、

麻酔液が入ってきた時の痛みを軽減します。


細い麻酔針を使用します。

針が小さければ小さいほど痛みは少なくなります。


電動麻酔器を使用します。

急激に麻酔液を注入すると細胞が膨張し痛みの原因となりますので、ゆっくりと時間をかけ麻酔液を注入していくことが大切となります。 そこで当院では注入速度を機械制御した「電動麻酔注射器」を導入し痛みを最小限に抑える工夫をしております。


等、なるべく痛くない麻酔を心がけています。

 

 

<MI(Minimal Intervention)治療>


接着技術の進歩により、虫歯の切削が小さい範囲で済むようになりました。
「Minimal Intervention」とは、これまでの歯を大きく削る治療ではなく、虫歯部分だけを削って治す、身体に負担をかけない治療を行うという考え方です。当院ではできるだけ歯を保存する考えで診療しています。


 

 

 

 

 

虫歯の進行とその治療方法について

虫歯の進行段階は、以下のようにCO~C4までの5段階に分類されており、むし歯の段階(CO~C4)により治療法が異なります。

 

 

CO(Caries Observation):初期虫歯

歯表面が溶け始めている初期段階です。この状態であれば、削らない治療が可能です。


<治療方法>
フッ素入りの歯磨き粉を使って歯みがきをしっかりおこなえば、溶けてしまった表面をある程度再石灰化させることができます。

 

 

C1:エナメル質内の虫歯

歯の表面を覆っているエナメル質が溶けてしまい、小さな穴ができた状態です。象牙質まで達していないので痛みは伴わないのが一般的です。


<治療方法>
 虫歯の部分を必要最小限だけ削りとり、合成樹脂(レジン)を充填します。

 

C2:象牙質に達した虫歯

エナメル質を通過し、下層の象牙質まで虫歯が進んでいる状態です。冷たいものや甘いものがしみることもあります。

治療時には麻酔が必要な場合があります。


<治療方法>
虫歯の範囲が小さければ、C1 と同様に合成樹脂(レジン)を充填して済みますが、範囲が大きい場合は削ったあとに歯型を取り、金属やセラミックの詰め物(インレー)を作り、欠損部を修復します。

C3:歯髄(神経)に達した虫歯

虫歯が神経まで達している状態です。この段階では、歯髄に細菌が進入し激しい痛みを伴うことがあります。
神経が死んでしまうと根の先に炎症が起こり、膿が出たり、歯肉が腫れたりします。


<治療方法>
 神経(歯根)の治療が必要になります。また、歯髄が死んでしまった歯はもろくなりますので、クラウンなどの被せ物をします。

 

C4:歯質が失われた虫歯(残根状態)

歯のほとんどがなくなってしまい、根の部分だけが残っている状態です。


<治療方法>
C3の場合と同様に治療し被せ物をするか、やむを得ない場合は残った歯根部を抜歯します。抜歯した部分は傷が治った後に、ブリッジ・入れ歯・インプラントなどの方法で補うことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

ページの先頭へ