本文へジャンプ

診療案内

トップの中の診療案内の中のインプラント

診療案内

済世会での歯科治療は・・・わたしたち、“プロ”におまかせください。

インプラント



インプラントとは医学用語で『植立する』という意味です。歯科においては『人工歯根』と言われています。虫歯の進行や、歯の破折、歯周病などで失ってしまった「歯根」を取り戻す治療がインプラント治療です。
技術の進歩に伴い、「歯根」を人工的に作れるようになったため、自然でよく噛める歯をとりもどすことができるようになりました。


▶詳しくはこちら

治療の流れ


Step1 精密検査と治療計画

インプラント治療を行うには、施術前にどれだけの骨が失われているのか、今ある骨がどんな状態なのか、かみ合わせはどうなっているのかを正確に把握しておくことが非常に重要になります。
最初にレントゲンなどを使って、1人ひとりの口腔環境や骨量を確認し、治療方針を決めていきます。骨の強度が足りない人は、ここで造骨手術などの相談も行います。


Step2 1次手術

通常、インプラント治療における手術は2回に分けて行われます。1次手術では歯茎を切開して、歯の土台となるインプラント(人工歯根)を埋め込みます。局所麻酔が使われますので痛みはほとんどありませんが、痛みが不安な方には無痛鎮静法などが用意されています。手術時間は1~2時間程度。入院などは必要なく、すぐに日常生活に戻れます。


Step3  定着期間

1次手術の後、消毒や抜糸などのプロセスを経て、インプラントが骨としっかり結合して定着するまで、約2~6ヶ月ほど時間をあけます。



Step4  2次手術

インプラントが定着したところで、埋め込んだインプラントの頭を出し、「アバットメント」と呼ばれる連結部分の装着手術を行います。


Step5 人工歯の装着

歯茎が治った時点で歯の型取りを行い、歯の形や色、歯並びを確認しながらインプラントの上にかぶせる人工歯を作ります。2次手術から約1~4週間後に人工歯をかぶせてインプラント治療は完了です。








治療の期間

インプラント治療は、①人工歯根を歯茎の中に埋め込む→②骨と人工歯根が結合するのを待つ→③連結部分を着けて人工歯をかぶせる、という大きく3つのプロセスを踏みます。そのうち、②の定着期間には約2~6ヶ月の期間が必要なため、インプラントの治療期間はトータルで3~10ヶ月ほどかかるのが一般的です。
また口腔内環境や骨の強さなどは人によって違うため、治療期間も人それぞれです。
治療期間はあくまで目安として受け止めて、くわしくは担当医と話し合い、どのくらいの期間がかかるのかをしっかり確認しておきましょう。

治療後のメンテナンス
耐久性に優れ、長期間にわたって歯と同様に使えると言われるインプラントですが、メンテナンスは重要です。
インプラントには厄介な敵「歯周病」(インプラント周囲炎)が待ちかまえているからです。
せっかく時間とお金をかけてインプラント治療を行っても、歯周病によって周囲の歯肉が痛んでしまったり痩せたりすると、インプラントが使えなくなってしまうケースもあります。
インプラントを1日でも長く維持するためには、日頃から正しい方法で歯磨きやプラークコントロールを行い、お口の中を健康に保つことが重要です。そして歯科医院での定期健診が不可欠です。
当院では定期的(半年に1回)に検診を行います。レントゲンで骨の状態をチェックしたり、かみ合わせや口腔内の環境がうまくいっているかどうかなど、担当医が診査します。


▶詳しくはこちら




ページの先頭へ