本文へジャンプ

診療案内

トップの中の診療案内の中のマイクロスコープによる精密診療

診療案内

済世会での歯科治療は・・・わたしたち、“プロ”におまかせください。

歯科用マイクロスコープとは?




歯科用マイクロスコープとは、歯を拡大して診ることの出来る歯科診療用実態顕微鏡のことです。
口腔内は暗くて狭く、肉眼で認識して治療するには限界があります。
これを克服したのが、マイクロスコープです。マイクロスコープは、これまで暗く見えづらかった口腔内の細部にわたり、4~20倍の高倍率で確認できます。
肉眼では見えなかった細かな部分まで見て診療することにより、様々なメリットが生まれます。


▶詳しくはこちら




マイクロスコープによる精密診療のメリット


メリット1 診断・治療の正確性

経験からの推測で治療することなく、拡大された患部を見ることができるため、迅速で正確な診査・診断ができ、迷いやミスの少ない治療を行いやすくなります。

メリット2 診療精度の向上

これまで見ることのできなかった根管の内部や虫歯なども識別できるため、今まで以上に治療成績が向上し、良好な経過を得ることができます。

メリット3 治療がリアルタイムに見れます

モニターで、リアルタイムにその世界を体験することができ ます。


マイクロスコープ

ページの先頭へ