本文へジャンプ

診療案内

トップの中の診療案内の中の根管治療(歯内療法)

診療案内

済世会での歯科治療は・・・わたしたち、“プロ”におまかせください。

根管治療(歯内療法)


 

根管治療とは

歯根の中にある根管をきれいに清掃・洗浄・殺菌し、最後に防腐剤や殺菌剤をつめて密封する治療法です。この根管治療は、肉眼では見えない部分の治療のため高度な技術が必要であり、歯の保存のために極めて重要な治療です。








マイクロスコープによる精密根管治療

マイクロスコープは、肉眼では見えない細かな患部を確認することが可能な医療用の顕微鏡です。繊細で高度な技術を必要とされる脳外科や、心臓外科の手術などに使用されています。マイクロスコープを使用することで、初期の虫歯や根管の内部など、従来肉眼では見えなかった部分をしっかり治療することが可能になりました。


▶詳しくはこちら



  根管治療の流れ

Step1  根管長測定

X線写真や電気測定器などを使って、歯根の長さを正確に測ります。
短かったり長すぎたりすると、治療の成功率が低くなるといわれています。







Step2  根管内の清掃・洗浄・消毒

リーマーやファイルという清掃器具を用い、歯髄や汚染された象牙質を取り除きます。また、薬剤を用いきれいに洗浄・消毒します。


Step3 根管充填(根管内の封鎖)

殺菌剤や防腐剤を使用し、根管内を封鎖します。

神経がなくなり、空間となった根管の先端まで緊密に薬剤をつめて密封することによって、歯根の先に病気ができないようにします。


     根管治療は「歯の保存」のために行う極めて重要な治療です。




ページの先頭へ