本文へジャンプ

診療案内

トップの中の診療案内の中の予防歯科(クリーニング他)

診療案内

済世会での歯科治療は・・・わたしたち、“プロ”におまかせください。

予防歯科(クリーニング他)

「予防歯科」とは、これまでの、「悪くなったら歯科医院で診てもらう」という考え方ではなく、お口の健康を維持するため、「治療しなくてよい環境を保つ」という考え方の治療法です。ブラッシングアドバイスに始まり、クリーニング、シーラント、フッ素塗布などの歯科治療が代表的です。

虫歯や歯周病は生活習慣病です。毎日の患者さんのセルフケアが大切です。しかしセルフケアだけでは、虫歯の原因となるバイオフィルムなどの汚れを完全に落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、定期的なプロフェッショナルケアが必要となります。

当院では、歯科衛生士が、患者さん一人ひとりにあわせた定期健診を行っています。お子様であれば、虫歯ゼロのお口の環境を作ることをめざし、成人の場合は、治療箇所の再治療予防をめざしています。また、新たにできてしまった病気の早期発見・早期治療、つまりは最小限の治療をめざしています。


PMTC(クリーニング)

PMTCとは、一言でいえば歯科医師や歯科衛生士による専門の機器や材料を使って行う歯のクリーニングのことです。歯についた汚れを落とします。定期的なPMTCを受ければ、高確率でむし歯・歯周病を予防できます。


▶詳しくはこちら


むし歯リスク検査                                                                                          

検査の結果から、虫歯になりやすいかどうかを診断し、あなたに合わせた虫歯予防の方法をご提案いたします。


シーラント

透明、又は白色のプラスチック製の詰め物を奥歯の溝に詰めます。奥歯の溝は深く複雑で、歯垢を除去するのは難しい箇所です。シーラントは、むし歯予防に非常に効果的です。


フッ素塗布

フッ素を歯につけるとむし歯になりにくくなるといわれています。歯の表面に直接塗布します。

幼若永久歯(はえてからあまり期間がたっていない永久歯)には特に効果的です。

フッ素は特別な薬品ではありませんし、大量に摂取しなければ体に悪影響を及ぼす事はありません。
3歳くらいから定期健診の際にフッ素塗布をおすすめしています。





ページの先頭へ