本文へジャンプ

お支払い/保証制度

トップの中のお支払い/保証制度

お支払い/保証制度

ライフスタイルに合わせたプランをご提案致します。安心と信頼のアフターフォローは歯科治療には欠かせない条件です。

お支払いについて

歯科治療は、健康保険を適用できる【保険診療】と【一般診療(自費診療)】の2つに分けられます。

【保険診療のお支払い】
現金でのお支払いをお願いしております。歯科診療報酬点数に基づく料金になります。

【一般診療 (自費診療)のお支払い】
現金でのお支払いの他に、お振込み、分割払い、各種クレジットカードでのお支払いが可能です。

お振込み
当院指定の銀行口座へお振込みください。お振込み手数料は患者様のご負担になります。

分割払い
分割払いも可能です。詳しくはお問い合わせください。

クレジットカード
クレジットカードでもお支払い可能です。

クレジットカード

料金について

保険診療に関しては、歯科診療報酬点数に基づく料金になります。
自由診療の料金につきましては詳細ページをご覧ください。

自由診療料金 詳しくはこちら

保証制度と規約

写真:提供 Ivoclar Vivadent

【保証制度】
一般的に治療後数年が経ち、口腔内の状態が悪くなり治療箇所の不具合が起こることがあります。
当院では、安心して治療を受けて頂く為に、患者様が自由診療(保険外診療)にて治療された場合、「保証制度」を設けております。
定期的にメインテナンスに来院されている患者様に対し、通常の使用でトラブル(破損や脱落など)が生じた場合、自由診療処置に対する費用を医院が負担します。

イプラント治療(インプラントボディ)に関しては10年保証 その他の修復物(歯の部分)に関しては5年保証

【規約】
定期検診を受けて頂くことが条件です。定期検診に応じていただけない方は対象外となります。
但し、下記の場合には保証期間中であっても一部、又は全部が有料になりますのでご注意ください。

○不注意、又は外傷(事故や転倒等)など明らかに当院の責任でない場合。
○無理に使用したり、当院の指示に従わなかった場合。
○治療時に全く予測できない変化が、治療後、口腔内に生じた場合。

医療費控除について

写真

医療費控除とは自分自身や家族のために医療費を支払った場合、確定申告の際に手続きをすると一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。申請には領収書が必要になりますので大切に保管して下さい。

  1. 保険診療に限らず自費診療においても医療費控除の対象となります。
  2. 発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などから歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。
    しかし同じ歯列矯正でも、審美を目的とした場合の費用は医療費控除の対象になりません。
  3. 治療のための通院費も医療費控除の対象になります。またお子様の通院に付添いが必要な場合は、付添人の交通費も含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額を記録し、タクシーなど領収書がある場合は保管して下さい。
    ただし、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等は、医療費控除の対象にはなりません。

(詳しくは歯科医師にお問い合わせください)

セカンドオピニオンと診断書について

写真

【セカンドオピニオンについて】

セカンドオピニオンは、当院以外におかかりの方を対象に、診断内容や治療法に関して、当院の歯科医師の意見・判断を提供し、今後の治療の参考にしていただくことを目的としています。
セカンドオピニオンは自由診療で行われます(5,000円・税抜)。健康保険は使えませんのでご注意ください。
また、セカンドオピニオンを受診後に当院での診療をご希望の場合には、現在おかかりになっている主治医と相談の上、改めて受診してください。

【診断書について】
診断書の発行も行っております。文書作成料として3,000円(税抜)が必要になります。

ページの先頭へ